三国志大戦・・お疲れ様です。

セガのアーケードのオンラインカードゲーム三国志大戦のことを主に語ってゆくブログです。 管理人自身は反計が得意分野ですのでそのことを中心に語りたいかなと思います。 よろしくお願いします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さんこんばんは。ふらじぃるぅです。
今日の頂上対戦はけっこう魅力あるものでしたね♪
私もトレで周瑜を手に入れるのでこれをちょっと考察したいかなと思います。
SR周瑜 武将コスト3 弓兵 伏兵魅力 
武力8 知力10 最期の業火 士気コスト4

昔はイマイチなものでしたが今現在は弓兵の強化によって上にでつつあるカードですね。とはいったものの次のバージョンアップでは弱体化対象だそうですが・・↓


とりあえずこのカード何がすごいか??武力8弓?知力10の伏兵?
それよりも計略の強さでしょう。
この計略は士気コスト4にして火計と同じ計略なのです。さらに範囲は火計をはるか超えるものです。遠くからの狙撃に使えば荀の反計すら届きません!
ただ、ここまで強いとさすがにデメリットもあります。使ってしまったら術者自身は撤退してしまいます。

ではどう扱えばよいか・・。
・伏兵からの炎を活用して壊滅させる。
これは相手にとっては最悪とも言える状況に持っていくことができます。これにより敵の戦力の8割を持っていけば必ず再起の法を使用しなければならないからです。

・武力8を使い最期に自爆させる。
この使い方が一番多いのではないでしょうか?武力8はやはり8という数字なので相手戦力にダメージを与えることができます。
つまりそのダメージに向けて知力10の火計を発射すれば撤退は確実だからです。

・たとえ周瑜が兵力MAXだろうが敵の主力を持っていけるなら放つ。
この使い方は賛否両論あるかもしれませんが、私は普通に推奨します。
例を出すと私のデッキの場合、槍2人組が撤退したらなにもできないので、いくら相手のコスト3が散っても残り5のコストで責められたらどうしようもありません・・。

以上の使い方をすれば全く問題なく周瑜を使いこなせるだろうと思います。
次回はデッキ編成を書こうかなと思います♪

では、お疲れ様です。


ととと、全員に対するコメントの返信ですが前の大会の時の反計の反応がなし・・。やっぱりあれは今でも謎なんですよね・・。まぁ、ラグだとしたら運が悪いと思ってあきらめるしかないのでしょうが・・。
まぁ、そういうこともあると思うのであの時がすべてではないのでこれからも頑張ろうと思います♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。